生前に葬儀についての相談をすることの重要性

自分自身、そして残された家族のためにも、生前に葬儀内容や費用を葬儀業者と相談しておくことは非常に大切です。

生前に葬儀についての相談をすることの重要性

生前に葬儀についての相談をすることの重要性

身近な家族が亡くなり、病院関係者から「葬儀業者を紹介します」と言われた場合、お世話になった病院のご厚意を断りにくく感じる方は多いと思います。
しかし、葬儀の有無にかかわらず、葬儀社の社員を24時間体制で病院に配置している費用を考えると、病院で紹介された葬儀社にお願いした場合の費用は、その分だけ高くなってしまうと言われています。
また、その場で決めた葬儀社にお願いした場合、本人の望んでいた形の葬儀を実現することは非常に難しく、故人にとっても、それをおくり出す家族にとっても負担や後悔が残ってしまうことが多いといいます。
つまり、故人が亡くなってからその場で葬儀社を決める、というのは故人にとってもその家族にとっても避けるべきことなのです。

そのため、現在では生前に葬儀についての相談に乗ってくれる場所が増えてきています。
自分がいなくなった後のことを進んで考えたいと思う人は少ないと思いますが、自分自身の最後のお別れを、自分の価値観にあったものにするためにも、また、残された家族への負担や後悔を減らすためにも、自分の葬儀について葬儀社と事前に相談しておくことは非常に重要なのです。

特に、近年では葬儀の仕方自体も多様化しています。
たとえば、最近その数が急増している「家族葬」。名前の通り家族やごく近い親族だけが集まって行うお葬式です。

面倒な挨拶や体裁を気にする必要がなく、親族にとって負担が少ないこと、そして何よりもそれぞれの家族がそれぞれの思いと表現で故人とお別れをできるのが一番の魅力と言えます。
あまりお金をかけず、家族でのお別れを大切にしたいと考えている人に向いています。
一方で、生前お世話になった人みなさんで集まって、盛大に最後のお別れをしてもらいたい人もいると思います。
人それぞれの本当の望みは家族であってもなかなかわかりません。自分自身のためにも、そして残された家族のためにも、事前に葬儀の内容や費用を葬儀業者と相談しておくことは非常に大切なことなのです。